読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーリーの病気のこと。

ハリネズミ ハリネズミ 病気 ハリネズミ 避妊手術

 

昨日ちょろっと書かせていただいたのですが、

ハーリー、肉腫(がん)が再発してしまいました。

治療は難しいそうです。

 

 

開腹手術したとしても、何もできずに閉じる可能性が高い。

放射線治療や抗がん剤治療はハリネズミには現実的ではない。

 

 

その話を病院で聞いたときに

目の前が真っ暗になってしまいました。

 

 

 

 

 

いつもハーリーを可愛がってくださっている皆様に

このようなご報告をするのがとても辛いのですが

今の状況をお伝えさせていただきます。

 

 

 

今のハーリーは見た目の変化もなく

毎晩運動しているし、回し車の上でまったりしているし

食欲もいつもと変わりません。

 

 

  昨晩のいつも通り爆走しているハーリー↓

f:id:chikojirou:20161123105223j:plain

 

 

病気をしているなんてまったく信じられないくらいなのです。

のんびり楽しそうに過ごしています。

 

 

 

 

ただ、尿に点々と鮮血が混じっているのが続いていました。

 

 

 

 

 

9月中旬ごろから、尿に鮮血が点々と混ざっていて

1度、エコーと細胞検査をしました。

 

エコーの結果、膀胱近くに腫瘍ができていることが判明。

この腫瘍がなんなのか細胞検査をしたところ

この時は「問題なし」の結果が。

 

 

出血もほんのわずかなので、しばらく様子を見ましょうとなりました。

 

 

しばらくして血尿は収まったので薬をやめたところ、

また尿に鮮血が点々と出始めてしまったのです。

 

 

急いでまた薬を処方してもらい様子を見ていましたが、

血尿が収まる気配がありませんでした。

 

なので、もう一度エコーと細胞検査をしてもらいました。

 

 

1度目の細胞検査と違い、

この時は細胞がしっかりたくさん採れたそうです。

 

そして検査に出したところ、がん細胞が見つかりました。

 

ガンであると検査結果を言い渡されたのが10日前ぐらいでした。

 

 

 

 

 

ハーリーは1年前にも血尿がでてしまい

避妊手術をしています。

 

その時、摘出した子宮を細胞検査に出したところ「肉腫(がん)かもしれない」という結果でした。

 

 ↓摘出されたハーリーの子宮

f:id:chikojirou:20161123105329j:plain

 

 

そして、今回の検査では「肉腫である」と結果がでました。

 

子宮と膣を繋ぐ管の部分(子宮頚部)は、避妊手術では完全に切除することはできないそうです。

今回の肉腫は子宮頚部に出来てしまっているようです。

 

 

 

 

子宮肉腫とは

人間でいうと稀なガンだそうです。

原因は不明で、遺伝的な可能性が高いと。

 

発症した場合、症状として不正出血・腹痛・腹部の違和感がある。

摘出手術後の再発の可能性が高い。

初期は腫瘍が子宮にでき、ガンのステージが上がると子宮頚部にできる。

 

 

 

2度目の細胞検査結果を待っている間に、じっとしてられなくて子宮肉腫について調べました。

ハリネズミではわかりませんが、人間では予後が悪いガンのようです。

 

 

そんな予後が悪いガンだったなんて

1年前に知識があれば・・・・もっと注意できたかもしれない。

9月に血尿がでた時点で、もっと迅速に動けたかもしれない。

 

ハーリーの安らかな寝顔が、これから痛みに苦しむことになるかと思うと、不安で胸が締め付けられる思いです。

 

 

 

 

少しの間、落ち込んでいました。

後悔と不安がいっぱいで、目の前が見えなくなりました。

 

 

 

 

 

でも!

でもでも!

 

皆様から「ハーリー今日も可愛い」「ハーリーを見て癒された」と嬉しいコメントを頂けて、本当に励まされました。

 

みんな、「今のハーリー」を見てくれて、可愛がってくれている。

 

飼い主の私が「今のハーリー」をまっすぐ見なくて、どうすんだー!!と気づかされました。

f:id:chikojirou:20161123105402j:plain

 

 

 

ハーリーとの大切な時間、今目の前にいるありのままのハーリーを

一番近くで、何があっても、ずっと見守り続けることが

飼い主の責任であり、特権ですよね。

 

 

 

 

 

ハーリー、今週末に手術を受けます。

 

 

開腹しても、何もできずに閉じるだけかもしれない

開いてみないと分からない状態です。

 

 

でも、「あの時やればよかった」という後悔を絶対にしたくありません。

 

 

ハーリーには痛くて大変な思いをさせてしまうのがとても心苦しいです。

 

病院が大嫌いなハーリー。

こんな時はゆっくりリラックスできる環境でそっとしておいてあげた方がいいのかもしれません。

 

しばらく大好きな回し車で遊べなくなってしまいます。

 

 

 

そこまでやる必要があるのかと思われるかもしれませんが

少しの可能性が残されているのであれば

逃したくないのです。

 

 

 

手術はリスクも伴います。

でも、元気なうちじゃないと手術に耐えることはできません。

 

 

 

ハーリーを一番に信じるのは飼い主である私たちでなければなりませんが、

いかんせん、ネガティブな私はすぐに弱気になってしまいます。

 

旦那にも怒られます。マイナス思考はやめろと。

 

 

どうかハーリーの手術が無事に終わるように

少しでもいいので、皆様のパワーをハーリーに送ってあげていただけないでしょうか。

 

 

 

 

思えば、ハーリーの生きた証を残したいと思い、始めたこのブログ。

昔の記事を読み返すと、楽しい思い出がいっぱいで続けて良かったと心から思います。

 

 

今回、このようにハーリーの病状について打ち明けさせていただきましたが

これからも「ハーリーのいつもと変わらない日常」をお届けしていきたいと思っています。

 

 

ハーリーは来月の12月で2歳になります。

まだまだ若いです。

 

来年のカレンダーだって作るんだからね、ハーリー。

 

 

 

 

ハリネズミはデリケートで弱い子です。

だからこそ、可愛い魅力に溢れているのかもしれません。

 

これからも、ハリネズミの魅力とハーリーの魅力をお届けしたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

今日は文字ばかりで重たい記事になってしまいましたが

明日からはいつも通りのハーリーですからね(^^)

 

 

 このままだとペットロスまっしぐらな飼い主かと思われてしまいそうですが

大丈夫です!!

 

 

ふん!!(←気合い)

大丈夫!!!

 

 

頑張ろうね、ハーリー!!!

 

f:id:chikojirou:20161123105550j:plain

 

 

 

 

いつもありがとうございます!

↓ポチポチっと応援お願いします★↓

にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ

 

 

他にも、ハーリーの避妊手術に関する記事はこちら


広告を非表示にする